【ドラクエタクト】第8回闘技場!使用数ランキング1位に意外なモンスターが浮上!その正体は?

ドラクエタクト 闘技場 使用数 ランキング闘技場

ドラクエタクトの闘技場で、上位ランカーがどんなモンスターを使用しているのか?気になって調べていると、意外なモンスターがランキング1位に浮上してきました!

そこで今回は【ドラクエタクト】第8回闘技場!使用数ランキング1位に意外なモンスターが浮上!その正体は?について紹介していきます。

Sponsored Link

第8回闘技場!使用数ランキング

上位ランカーTOP20の方々のパーティーを調べてみたので、見ていきましょう!

  1. デスピサロ、ゾーマ、■■■■(18人)
  2. サンタリーズレット(10人)
  3. ワイトキング、しにがみきぞく(8人)
  4. 祭魔ジュリアンテ、トマホーガー、アローインプ、アームライオン(3人)
  5. ゲリュオン、スノードラゴン(2人)
  6. デボラ、ゴッドライダー、ドラゴンバゲージ、ホイミスライム、やまたのおろち、ブルーホーク、グレイトドラゴン、れんごくちょう、ドラキー、ジャミ、キラーマシン、いたずらもぐら(1人)

※デスピサロ、ゾーマと同数だった1位のモンスターは伏字にしておきました。見出し2の方で発表します。

『デスピサロ』『ゾーマ』の使用数は予想通りといった感じで『サンタリーズレット、ワイトキング、しにがみきぞく』も闘技場でよく目にしますよね。

次いで、『祭魔ジュリアンテ、トマホーガー、アローインプ、アームライオン』が同数でした。

呪文系が上位を独占していますが、物理系も負けていませんね。『トマホーガー』は今後凸状況が進んでいくので、もっと上位に食い込んでくると予想しています。

その他には、『ジャミ』を早速使用されている方が1人いました。2属性Bランク呪文持ち、バギとイオ激減はやはり強力!いどう範囲が半分になった耐久性の高い『しにがみきぞく』といった感じでしょうか。

高火力のいどう力+4のローリング持ちの『スノードラゴン』が、上位TOP20であまり使われていないのは、個人的に意外でした。

闘技場で上位を狙いたいよ!って方は、ここに上がっている名前のモンスターを育てると良いのかもしれませんね。

第8回闘技場!使用数ランキング1位の意外なモンスターの正体は?

『デスピサロ』『ゾーマ』と同数の18人が使用していたモンスターは…

ドラクエタクト ゴースト 闘技場
『ゴースト』でした👻

この意外な使用数の理由は、残り1枠の穴埋めとウエイトの調整用だと思われます。

しかし、『ゴースト』はかしこさが112(ゲーム内153位)で、武器と防具次第で180に底上げが可能です。なので、”ベホイミ”をとくぎ習得させて+10にすれば、”ヒーラー”としての役割が出来るように進化します!

そして、気になる“ベホイミ+10″の回復量は『284』と十分すぎるうえに、いどう力+4持ちなので、回復したい時だけ前線に送り出せる使い勝手の良さもあります。

ちなみに、かしこさ180という数値は、ランク5の完凸スライムブレス(183)並みのかしこさになります。

追記1:Twitterのフォロワー様より、トドメ用としてメラミ習得案を頂きました。攻撃、回復問わず、前線に出るリスクは同じなので、メラミ採用もありかもしれませんね。

追記2:凸状況の都合から『ドラキー』という方もTwitterのリプからご意見頂きました。
追記3:『ドラキーマ』を穴埋め枠のラリホー要員とされている方もおられました。上位ランカーは、『メトロゴースト』の使用がCランクは多いです。

リプ嬉しいです。ありがとうございます。

 


参考元→TeamTEMAKIさんより

感想

上位TOP20に『りゅうおう、竜王、アリーナ』はおらず、『アリーナ』に至っては、”デスピサロキラー”なのに採用されていないのが現状。

当初はメラ環境!なんて言われていた時代もありましたが、環境は完全に『デスピサロ』『ゾーマ』ですね。

そして、その『デスピサロ』『ゾーマ』と同数の1位だった『ゴースト』

その『ゴースト』に”ベホイミ”をとくぎ習得させるのは、ちょっと抵抗がありますが、普通に使える回復量を出せるので、ウエイト220や200制限専用で、『ゴースト』を育成するのもありかもしれません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

※今回は、上位TOP20の環境の統計なので、順位によって環境の違いはあります。

コメント